TOP
47.23score

Bitstone

スポンサーOvertex

ビットコインの保管

まず、ビットコインを保管するとは、本質的にはどういうことでしょうか?その根本のところを理解してないと、何を守らないといけないかということがわかりません。

ビットコインの実態は、秘密鍵といわれる情報です。ビットコインの保管とは、コインといっても、実際は情報を守る、秘密鍵を守るということなわけです。

how to sotre bitcoin (どのようにビットコインを保管するか)ではなく、
how to store private kiey(どのように秘密鍵を守るか)であるということです[1]

秘密鍵の情報を守る。これがビットコインを保管することにほかなりません。

・秘密鍵とは?

ビットコインは、アドレスと、それと一対一に対応した秘密鍵という2つの部分からなります。例をあげると、

(アドレス)
1Pw5BLE1o2b8iPCj81ywGUDgPyWiVdzm3F

(秘密鍵)
5KUkq6n8bNosYmucbDxZAM8jDUWPtNFArsbbsX2E8ukdqtEUnm1

という感じです。
アドレスのほうはみなさんおなじみだとおもいますが、秘密鍵を直接みることは実はすくないかもしれません。

上記のように、アドレスと秘密鍵は一対一で対応しています。この秘密鍵を知っていると、アドレスに存在するビットコインを使うことができるようになります。

つまり、ビットコインを所有しているとは、この秘密鍵を知っていること同義です
もし、秘密鍵が、他人にバレてしまうと、その秘密鍵をつかって、アドレスにある残高を使ってしまうことができます。つまり盗まれるということです。

秘密鍵は上記のように、文字列といった、情報ですので、これは容易に盗まれる場合があります。

秘密鍵は上記のような情報ですので、ちょっとした間にでも盗まれる可能性があります。
例えば家の鍵だと、たとえば1分ほどのあいだ家の鍵を外しても、その間をねらって盗みに入られる可能性は少ないのですが、秘密鍵の場合、たった0.001秒でも不正アクセス可能な場所に鍵がさらされてしまえば終わりです。

ちょっとの間だから、ちょっとのことだから、みんながわかる場所においておいても大丈夫だろうとのは、まったく甘い考え方です。

たとえば、こういうのも危険です。

・秘密鍵をメモ帳ファイルに書いてデスクトップに保存
・秘密鍵をスマホで撮影して保存
・Gmailの下書きに保存
いずれもネットワークを通して他人のサーバーに秘密鍵がコピーされ、リークされる可能性があります。

.

最終更新日:2016-03-31 01:46

コメント (0)